理論を知ることによる苦痛、あなたが幸福になる為の近道。

 

|一部の内談者にたまに聞かれることがあります。

 

いつも理論を考えながら恋愛してるんですか?

疲れませんか?

実のところ、私は何も考えずに恋愛をしています。

一般的に「知る」という過程は4段階に分かれます。 (運転の仕方を習得する過程に例えてご説明します)

 

1.  何も知らない無知の状態

(免許も運転の知識も何も知らない)

 

2.  その知識が存在することは知っているけれど、実行方法がわからない状態

(運転方法の理論の存在は知っているけれど、実際運転はできない)

 

3.  知識の存在も実行の仕方もわかってはいるけれど、ずっと意識していないと 実行が難しい状態

(運転方法も知っているし、実際運転もできるけど、運転中ずっと理論を考えて いないと危ない)

 

4.  知識を理解し、無意識の状態でも実行できる状態

(運転方法を知っているし、無意識の状態でも難なく運転できる)

 

多くの内談者の方は君と恋するてんとう虫の理論を習得する過程の2,3段階に留まります。

この段階でストレスを受けてしまうのは当然のことです。

試行錯誤が多く、持続的に考えなくてはいけないので脳が多くのエネルギーを求めます。

 

けれど、訓練を重ね、努力すれば4段階の状態になります。

今はストレスに思えるかも知れませんが、貴方の今の努力が一生を豊かにするはずです。

熟達するまでの辛抱です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。