復縁の際どうして元カノは、弄ぶような行動をとるのか!?

今回は反響の多い

恋愛で別れてしまった人向けの復縁についての記事です。

小川です。

 


 

 

二重モーションについて!?

 

カウンセラーの指示に従っていると、相手が二重モーションを取るときがあります。

そういうときは、〝相手に持って遊ばれているんじゃないのかな〟

〝自分の魅力が高ければ二重モーションなんか取らないはずなのに、相手はもう僕(私) のことは大事に思っていないんじゃないかな〟と考えるのがごく自然な現象です。

 

ですが落ち込まないでください。

復縁において相手が二重モーションを取るということは復縁が近づいていることを意味します。

 

 


 

 

二重モーションの正体とは!?

 

 

まずは、二重モーションとは何か、そして相手はなぜこのような行動を取るかを先に説明致します。

ご存知の通り、人間の心は理性と本能で成り立っています。

 

  1. フレームに反応する本能
  2. 信頼感に反応する理性

 

それぞれ生存と繁殖という目的を達成するために、交際していく中で愛する人の

〝魅力と信頼感〟を把握し、それに反応して行動します。

 

本能は魅力の高い相手に好感をもち、好きな感情を抱き、恋愛を始めるように人の感情を動かします。

理性はその後から介入してきます。

 

二人が恋人関係になってから、相手の言葉や行動、他の条件を無意識に考えるようになります。

 

 

信頼感が高いと二重モーションを相手は取らない!?

 

信頼感が良ければ良いほど理性の力は介入しませんね。

 

しかし、相手のせいでずっとストレスを受ける際は、二人の未来の幸せが保証されないため、理性の力が介入して、恋愛を終わらせる方向で働きかけます。

結局、恋愛を持続できなくなり、お別れを迎えるようになります。

お別れの瞬間を迎えるときは本能の力が弱まり、理性の力が強くなっているケースが多いです。

 

理性の力は、憎み嫌み恐怖無感覚などの感情を生み出し、相手とのお別れ
を決意させます。

相手に縋り付けば付くほど、それらの感情は大きくなります。

 

多くの人は目の前の相手の反応にこだわってしまい、一度相手にそのような感情が生まれたら、相手を止めるのは難しいと判断します。

 

しかし、人間の感情とは揺れ動くものです。今後、カウンセラーの指示に従い、

〝魅力と信頼感〟を上げることで、好きな感情を取り戻し、復縁に至ることだっ て可能と言えるでしょう。

 

そうやって指示に従っていく中で、問題が一つ発生します。

最初に言った通り、魅力が高くなると、LINE、もしくは直接相手から反応が 出ます。

 

それは相手に復縁の確信を与えるほど確かなものではありませんね。

 

本当に相手に復縁する気があるのか、それともただ持って遊ばれているのか、混乱させる曖昧な反応です。

 

 


 

 

理解が足りない内談者は混乱する?

 

 

まだ理論に対する理解が足りないか、メンタルやプライドのが低い内談者は、相手が二重モーションを取ると、どう解釈すれば良いのか判断できないため、混乱し間違った行動を取ります。

 

例えば

自分だけの妄想で小説を書き、相手に縋り付いたり怒ったりして、状況をさらに悪化させます。

 

相手から持って遊ばれているんだと感じるのも理解できますし、実際周りからはそういうアドバイスをする人も多いはずです。

しかし、真面目に交際をしていた二人であるなら、気が狂ってない限り、そうやって人を持って遊んだりするはずがないです。

 

相手が二重モーションを取る本当の理由は、好きな感情はあるけれど、内談者の〝魅力と信頼感〟が完全に回復していないので、二人の幸せな未来に関 する確信が足りないからです。

内談者の方が〝魅力と信頼感〟の管理に失敗して結局お別れに至ってしまった過去があるのは事実です。

 

当然、回復までは時間がかかります。理性が働くのです。

そこで、時間が経過すれば自分は忘れられるだけで復縁へのチャンスはないのでは!?

とマイナス考える内談者の方もいらっしゃるかと思いますが、人間の感情とはそう簡単にコントロールできるものではありませんね。

 

〝魅力と信頼感〟を上げると好きの感情も生まれる!?

 

内談者の方はずっと〝魅力と信頼感〟を上げると、相手が意識しないうちに好きな感情も同時に生まれるのです。

 

しかし、それに対する理性が働き、また続いて本能が作用する。好きな感情とそれを拒む感情が連鎖して働き、相手を混乱させます。

 

その中で、二重モーションが生まれるのです。

 

二重モーションの本質は相手を試すこと?

 

自分が過去を犯した過ちや相手のプライドが邪魔することにより、二重モーションの程度は異なります。

相手を試すことに二重モーションの本当の目的があります。

 

 

自分自身も相手に対する確信がないため、本当に〝魅力と信頼感〟が高まってい るのか確認するために、二重モーションを取るのです。

ほとんどの〝高魅力と低信頼感〟のケースでは、相手の信頼感テストが行われます。

 

テストさえ合格すれば、復縁まではあと一歩です。

 

相手が二重モーションを見せるとき、〝魅力と信頼感〟の変化がない

(過去から 成長していない)人は、相手に縋り付き、怒り、落ち着きませんね。

 

それを見て相手は

〝あ、やはりこの子は過去から全く成長していないな〟と判断し、理性が再び働きかけて、
お別れに向っていくのです。

 

二重モーションで同じパターン、〝縋り付くなど否定的な反応〟ばかり見せると、成長がない人と思われ、状況はさらに難しくなります。

 

しかし、相手の想定外の行動を取ることで、

 

〝この子は成長しているね。過去の 彼(彼女)とは違うかも〟

 

と思わせ、相手の本能を働かせ、好きな感情を取り戻すことができます。

 

一度自分の否定的イメージを砕くことができたら、後は順調に行くでしょう。

難しいようで簡単なのがこの二重モーションです。

 

だからこそ、相手が二重モーションを取ると、返ってそれが機会だと考えてください。

 

好きな感情が混ざってきたから二重モーションを取るわけで、テストさえ乗り越えたら、復縁までは後少しです。

 


 

 

まとめ

 

 

まとめると、二重モーションは内談者を持って遊んだりしているわけではなくて、相手も混乱しているという証です。

 

そしてその目的は〝魅力と信頼感〟のテストです。

 

テストに合格するには、相手の仕草一つ一つに深い意味を与えず、動揺もせず、常に成長した大人らしい姿を見せるのが大事です。

 

注意点

 

・復縁まで後少しというところだと安心して、二重モーションについて全く対処 できていない方が多いです。

難しいことではありませんが、きちんと対応しないと復縁に失敗してしまいます。

 

・ 復縁してからも二重モーションによるテストが続くことがあります。

二重モー ションの目的は〝魅力と信頼感〟テストなので、その目的を達成するまでは続きます。

・相手との共通友人も復縁において大きな影響を与えます。特に指示メールを送 ってからは、相手が共通の友達に何か意見を尋ねるかもしれないので、何か変な 噂が流れないように、絶対に気をつけてください。

 

いかがでしたでしょうか?

こちらの二重モーション。今回復縁をする際に陥りやすい注意点と対処法として記載しましたが、片思いや現在恋人や夫婦関係においても、プライドやメンタルがいっぱいいっぱいになり二重モーションが現れるので、これを機に考えてみてください。

 

君と恋するてんとう虫は、皆様をしわわせにする為に発信している為、気軽にコメントやお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。