血液型から性格や相性を判断すると幸せになれにくい本当の理由。

 

魅力的な女性を口説き落としたいとき、血液型を質問して、相手との距離を縮めようとするあなたに…

筆者の小川です。

 


 

カウンセリングをしているとよく聞かれる質問があります。

 

「先生、どうして彼の血液型を聞かないんですか?」

「彼との血液型の相性が合わないそうです」

「私はB型とはあまり相性がよくないのですが、復縁していいんでしょうか」

「彼はA型なので消極的で連絡してこないはずです」

 

血液型による性格を信じない人が増えてはいますが、未だに血液型を信じる人は多数います。

今から私は血液型による性格や相性の推測がどうして間違いなのかに関して説明したいと思います。

このコラムに含まれている知識もなく合コンなどで血液型による性格や相性に関
して演説したりしてしまったらあなたの教養が疑われてしまうでしょう。

 


 

 

血液型とは血の種類(Blood type)です。

 

19世紀輸血に対する関心が高まり、オーストリアの病理学者のカール・ラント シュタイナー(Karl Landsteiner)が血液のタイプを区別し輸血の効果を極大化させ、1930年代にはノーベル賞を受賞しました。

彼が血液のタイプを区別した故に、歴史上で最も多くの人が救われたと称されます。

彼は1901年違う血液が混ざると凝固するということを観察し、その反応も種類によって異なることを知りました。

彼は血液をA,B,O、ABに分類しました。以降知らされた血液の鑑別方法は150を超えます。
実際、厳密に血液のタイプは数百兆も超えます。

これすらも全てが見つかったわけではないようです。

即ち、血液のタイプを四つに分けること自体も間違いないのでしょうね。

ドイツが世界を征服するための名分として優生学(生まれつき自分たちは他の人 種より優越であると主張)を根拠にしていたのですが、この根拠の内の一つ が‘血液型と性格の相互関係’です。

これはあまりにもでたらめすぎたので、ドイツ人にも注目されず消えてしまいま
した。

当然のことに、血液型と性格の相互性を扱った論文は何処にも存在しないようです。

日本では1970年代、能見正比古により人の血液型と気質とを統計的に関係付けようとする「血液型人間学」すなわち「血液型性格分類」が大衆に広められました。

しかし能見正比古の研究内容は統計学的に「有意の差」を持たないものであり、科学的な試験研究又は調査研究に基づくものではないようです。

そのため、現在では能見の主張は疑似科学に分類されています。

けれどもマスメディアに注目されブームを起こした血液型性格分類は今でも日本に強く影響を及ぼしています。

何故人々は血液型による性格を信じるようになったのでしょう。

これは以前のコラムで説明したバーナム効果の一種です。

誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象を示します。

この効果は占いや血液型性格理論で容易に観察できます。

 

 


 

A型に対する文章を抜粋してみました。(検索結果の一つをランダムに選びまし
た)

 

▶︎A型は完璧主義者

1.A型は相手を配慮することになれています。
繊細で何かを始めるまえにとても慎重になります。考えが多くどんなことでも簡単に決断を下す事が出来ず長い時間悩む傾向があります。
他人に悪いことを言えず、相手に失礼なことをされても我慢してしまいます。

2.周りの視線に影響を受けるタイプです。
時々、真面目すぎて友達の冗談を本気にしてしまったりもします。約束の時間の十分前に到着し準備をする計画的な性格です。
繊細で几帳面なので仕事場で認められるでしょうが完璧主義者な性格は己にストレスとして帰ってきてしまうのでご注意ください。
人々と容易に親しくしたり、早くその場に溶け込むことは苦手で、時間を掛けゆっくりと相手を知りながら友情を築くタイプです。

3.一度怒ったらその記憶を長く引きづり、根に持ってしまうきらいがあります。
プライドが高く負けず嫌いなので、このような性格を上手く活用できれば仕事場では優れた成果をあげることができるでしょう。
感性が豊かなゆえにドラマや映画に没入しやすいです。

 

 

 


 

 

もし、心理学者がある人に、あなたはA型なので上記のような性格です、と
言ったらうなずくしかないのでしょうか

 

(先ほどの上記の三つの説明は誰にでも当てはまる内容だからです。)

 

1.自分が相手を配慮できないタイプだと考える人はほとんどいないようです。

己の記憶では自分が繊細に相手を配慮した行動をより鮮明に記憶しているから、
自分が配慮が足りない‘ と普段評価されていたとしても上記のような話を聞かされると、
‘そうだ、私も配慮する時はちゃんと相手を配慮できるんだ。この前だって〇〇をしたんだから!’ と考えてしまいます。

2.友達の冗談を本気で捉えてしまう経験なんて誰にでもあります。そして、普段几帳面ではなくても、好きな仕事、とても重要な仕事ではミスをしないように精一杯几帳面になった経験があるはずです。その記憶を引っ張り出し ‘私も几帳面なところはある’ と合理化させます。その場に早く溶け込み人と容易に親しくなれる人だとしても、あなたはゆっくり相手を知りながら友情を築くタイプです、と宣言されると、自分の長い付き合いのある友人を思い浮かべながら、‘そうだ、私は長い間相手を観察し関係を気付く ひとなのだ’ とまた合理化します。

3.も同じように誰にでもある程度適合する話です。
もし間違った説明があったとしても‘10個の内7個合ってるんだから、血液型性格ってある程度信憑性があうんだろう’と考えてしまいます。

 


 

まとめ

 

一見血液型性格を信じても信じなくても問題はないように思えますが、私は血液型性格は大きな問題だと思っています。

血液型による性格を信じてしまうと、‘私はA型だから元から小心者だ’とか、‘私は O型だから我慢しよう’とか、ご自分の性格を規定してしまったり、ご自分の行 動にリミットを設定したりしてしまうからです。

恋愛でも血液型に関する迷信は問題を呼び起こします。例えば、‘彼はB型だから 私とは相性がよくない’と最初から限界を考えてしまうことがあります。

例えば、‘彼女が好きなんだけどX型だから人気者で浮気してしまうのだろうな’と女性を 疑ったりもします。その結果別れてしまうケースもあります。

血液型や占いのように非合理的なものを信じていては、あなたが本当に愛する人
を手放してしまうかもしれません。
人生をより賢明に素晴らしい恋愛をしたいのであれば合理的な判断をした方が良いでしょう。

このブログを通してあなた恋が成功することを祈ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。