恋愛で20代前半の男性が経験する問題と4つの原因とは!?

 

今回は男性が恋愛で陥る失敗についての文章になります。

 

小川です!

 


 

 

問題点

 

 

 

1. リードする能力の不足。

 

 

高校時代まで本格的な恋愛を経験するのは難しい。女性に対する理解度に欠けている。

このような状態で関係の主導権を握りリードするのは難しい。

 

 

2. 間違った学習。

 

 

テレビで女性はいつも自分に献身的な男性が好きだと言う。映画やドラマでは男性が女性に優しくするとき、女性は感動する。

だから、自分もそのように行動すれば、女性が自分を好きになるだろうと考える。テレビでの内容が間違ったわけではないけれど、男優と自分を同一視してはいけない。男優たちは最初から低姿勢だったわけではないはずだ。

彼らは魅力を積んで(高くして)から、献身的な行動をする。

 

 

3. 精神的未熟さ。

 

一般的に女性は言語的知能が高く、社交性が男性より優れている。

精神年齢では4歳ほど差があり、女性は自分より精神年齢の高い男性を求める。

4歳の精神年齢での差を考えると同い年の男性に彼女が彼をまだ幼いと感じる可能性はとて
も高い。

 

4. 女性の無文別な告白の承諾。

 

女性は自分より価値の高い男性を求める。せめて同等であってほしい。ある程度の年齢の女性は自分より価値の低い男性を容易に切れる能力を備える。

しかし、20代に入って間もない女性は男性が自分より劣っているように感じていても〝一度会ってみるか〟という心で告白を承諾する。

〝恋愛なんてこんなもんで しょう。時間が経てば好きになるかも〟という感覚。

しかし、彼女の心が変わる ことはない。その結果男性が傷つくことになる。

 


 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回学生時代など、〝やっぱり思っていた人と違う〟であったりを理由に別れる場合すべてがそうと確証があるわけではないのですが、魅力の面で陥りがちなパターンであったかと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。