恋愛占いをおすすめしない科学的根拠についてまとめてみました。

 

あなたは占いが好きですか?

 

 

大抵のひとは好きですと答えたり、好奇心から興味を掻き立てられるかと思います。

そんな筆者の私、小川も占いが好きです。

 

 

理性的にはでたらめだと確信しているのですが、感情的には信じてしまいたくなるような
部分がありますね。

しかし占いは起こりえる未来を提示することはできますが、どのように行動すればそうなるのか、どうすればその未来が起こらないように予防できるのかに関しては何も教えてくれないでしょう。

あなたが本当に、

〝片思いしている人と両思いになりたい〟

または〝過去お付き合いしていた相手と復縁したい〟

と思いになり、迷信に振り回されない知恵をお持ちになられたいのであれば、このコラムを読み占いに対しても建設的な批判をしてみてください。

このコラムは占いをただ単に否定しているわけではありませんよ。

このような側面も考慮しなくてはならないない

という話ですので軽い気持ちで読 んでいただければ幸いです。

 

 

 


 

 

あなたはバーナム効果(Barnum effect)をご存知ですか?

 

 

バーナム効果とは、心理学の現象で誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象を示します。

 

 

例えば以下のようなお話です。

「あなたは人間関係に時々問題点を感じます。あなたは人々にその問題点に関して話したりはしませんが、内面では不安を感じながら苦しみます。」

「あなたは計画をたてるときは、意志が強く積極的になるのですが、時間が経つにつれその意志が弱まります。本当に好きなことであれば、その意志は比較的持続されるほうです」

もし、私が占いであなたに恋愛のカウンセリングをするとしたら以下のように話すでしょう。

(占いだと人々はすすんで色々な情報を話してくれるので私が個人でのカウンセリングよりも詳細に内談者の性格を把握し予言できます)

 

小川「ふむ。あなたは今大きな苦しみの中にいます。

今の彼ではない他の方は絶対好きになれないとお思いになられていますね。

他の異性とお付き合いを始めても彼のことが忘れられず、比較しながらもっと思い出す事でしょう。

もちろん、他の人と付き合い始めれば苦しさや寂しさから逃れられるのではない
かと期待もしていますね。

しかし、あなたは今すぐに彼に会いたいと思っています。

彼があなたに謝りながらよりを戻そうと言ってくれることを想像したりもしてい
ます。

彼はまだあなたを愛しています。たぶんあなたは信じられないかもしれませんが

しかし、私は確信します。いつもあなたはご自分の状況を否定的に見つめてしまいますが、私はあなたより彼の気持ちを理解できます。

いつでも私の言ったことに間違いはないと思います。それでも不安になってしまうのが人の心というものでしょう。

お相手に連絡をしたくても、連絡できませんね。

プライドの問題もありますし、現実的な問題、そしてあなたが解決できないもので悩んでおられるのでしょう。

あなたが何もせずに待っていれば約1カ月で彼は連絡をしてくるはずです。

その間あなたは復縁できる、と信じていてください。

もちろん連絡がこない場合もあります。その時は〇〇をしてください。

2ヶ月後には復縁できます。

もし、私を信じられないのであれば、復縁は難しいでしょう。」

 

 


 

これはとてもシンプルに占ってみたわけで、疑心深く知的水準の高い内談者であればもっと巧妙に曖昧に言葉を省略しながら内談者を惑わすでしょう。

 

あなたは

‘私はこんなものには騙されない’

と主張するでしょう。 それは、当り前です。

 

私は前もって、「これはでたらめな話です」と宣告してから占いをしたのであなたは私に惑わされないでしょう。

 

心理学の教授やとても権威のある有名な人があなたに上記のように話したらあなたは耳を傾けてしまうでしょうね。

 

 

 


 

 

まとめ

 

あなたが片思いをしていたり、復縁に対する切実さが大きければ大きいほど判断が鈍りとんでもない話を信じてしまったりします。

占いに頼ってしまう代表的な理由は人間の脳がストレスに耐えられなくなってキャパオーバー指定待っているからです。

ストレスが続くと脳に負担がかかり精神的に病んでしまうので、脳は最大限に問題を早く解決しようとします。

脳では論理的結果より精神的安定を図り生存を優先します。

合理化」権威者の話しに順応するといった行動パターンを見せるということです。

自分に有利な情報、信じたい話だけを信じ脳に安らぎを与えます。

話をまとめてみると人々は

 

  1. 心に傷を負う。
  2. 精神的安定のために合理化する。
  3. 自分に不利な情報は受け入れず、有利な言葉だけを記憶する。
  4. 権威者の話を信じる。
  5. 心が穏やかになる。

 

占いをする時の行動パターンも上記と似ています。ストレスに耐えられず権威者(占い師)を探します。

 

  1. 別れにより心に傷を負う。
  2. 心理的安定のためにネットの書き込みや占いを検索する。
  3. 占いがでたらめである、という情報は無視し、占いが当たったという話だけ
    を記憶する。
  4. 占いが自分にぴったりの話をしているように感じられる。
  5. 占いの結果を知り、心に安定を保つ。

 

占いに頼るのは精神的健康のためにはいいかも知れませんがあなたの片思いや復縁に本当
に役にたつかはわかりませんね。

占いの根拠のない予言を信じ相手に思いを寄せたり、彼が戻ってこなかったらあなたはもっと大きな不安と衝撃をうけるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。