損切りと利食いの設定ライン

土日チャートは休みだが休んでいられない?

正直、土日の間はチャートが動かないので暇で暇でとはいえ、新ノウハウがしっかりと勝てていたのか??などバックテストを行うのに土日は打って付けなので…

完全に休んでいるわけではないです。

一度は聞いたことがありますかね?

それこそこの損切りと利食いをしっかりと決めているからこそ勝率がアップするし負ける時の負け額も少なく抑えられます

FXとかだとよく聞くのですが…この2つの単語はバイナリーをやる上でも非常に重要になってきます。

「損切り」「利食い」とは?

この損切りと利食いに関して、今回は理解を深めていきましょう。

FXの経験があるとわかるかもしれませんが、

「損切り」・・・・赤字が規定のラインに到達したら、取引を終えること

「利食い」・・・黒字が規定のラインに到達したら、取引を終えること。

この2つです。FXだとよく言われるのは…


取引額の10%損するのが見えたら損切りして
取引額の5%得するのが見えたら利食いしよう。

みたいなラインですね。

つまるところ、FXだと出口のラインが難しく、どこまでも黒字を狙おうとすれば狙えてしまうし、どこまで赤字を耐えようとすれば資金がある限り耐えれてしまうので

明確にラインを決めてそれで取引をしよう。
ということですね。

ちなみに上記みたいに…

損切りのラインを高めにして...

利食いのラインを低めにするのは...

確実に勝ちを狙いに行くタイプのやり方と言われています。

とはいえ、基本的には損失を抑えるのが投資の鉄則なので設定ラインの違いはあれど、

浅く取って、多少深く傷を残す設定にしたほうが勝ちやすいとは言われていますね。

ラベル名とは?

FXに関しては先程言ったように 取引額に置けるパーセンテージ で決めることが可能です。

しかし、バイナリーにおいては
既に取引額に置けるレートは決まっているため、
取引額の何%負けたらやめる。というのがありません。

なので、大体で言うと回数で決めている人が多い印象ですね。

何連敗したら一旦停止をしておく。

何回勝ち越したらその日の取引は終了しておく。

自分の中で明確なルールを定めろ

その中で取引を行っていくのが鉄則です。

基本的にはですが、明確なロジックがあり、それにそって間違いのない取引をしているのにもかかわらず、

何連敗もするときはそもそもとしてのそのロジックを疑うのか…またはその日の相場状況を疑ったほうがいいですね。

相場に寄って合うロジックと会わないロジックはたしかにあります。

一番良くないのはそこでムキになって、投資額を増やしたり、変に怖気づいてしまって投資額を減らすことですね。

これをやってしまうとそもそもとしての資金管理がくずれてしまう為、ロジックによって導き出した期待値が崩れてしまいます。

そうなると大抵の人はまず敗北の道を進みます。

既に負けている状況から投資ではなくて「ギャンブル」を始めているのですから。

感情的にならず、客観的に相場状況を判断して
冷静に取引をするために重要なのはルールです。

その中で大切なルールの一つが
損切りと利食いのライン決めになります。

このラインをしっかりと決めたら、まずはこのラインに沿って取引を行っていきましょう。

これは私の体感でしかありませんが、このラインも相場によって変更、一日ごとに変更!!というのもあまり良くないですね。

相場環境に応じてロジックを切り替えたり
様々な目線を持ってトレードに当たるのは上級者でもありですが、

変えては行けないルールも確かに存在します。

利食いと損切り、今までこの概念がなかった人は
まずここを意識して、トレードを行ってみて下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。