バイナリーオプションで負けていく人の黄金パターンとは

負ける人の共通パターンとは

バイナリーに限らずなんですけどね。

投資においては負ける人の共通パターンというのもありまして・・・そこら辺を今回はまとめておきました。

プロスペクト理論とは

人は利益が出ている時は早く確定させたくなるという不確定未来に直面した際に人が行動する心理行動学で有名な話があれですね。

①何もしないで100万円を受け取れる

②コイントスで表だったら200万円、裏だったら0円受け取れる。

これだったら大抵の人が堅実的な選択肢1を選ぶ。だけども、まだ2を選ぶ人もいます。

一転、この状況になった時…

あなたは負債が200万あり、無条件でその負債を100万減らす

あなたは負債が200万あり、コイントスで表立ったら負債を0にする、裏だったら負債は200万のまま。

選択肢❶を選ぶ人が圧倒的に多い。という理論です。

つまるところ、今勝っているから今負けているからと判断の基準をブラしてしまう人はこの理論に振り回されている人。

という認識になりますね。でこういう人はつまるところ「その場の状況において、自身が追う期待値を変えている」ので…

結果の予測がまったくもってつかないロジックで戦っているということになります。

簡単に言えば、ロジックが破綻している。

と言った方がいいですね。

単純に負けてきたから掛け金を減らそう!
勝っているから掛け金を増やそう!

という資金管理をやっている人はトータルで負けていく傾向にあります。

一日二日間くらいでしたら運が作用して投資で儲けが出ることもありますが

長い期間で見たときに

勝てる可能性がまずまず0.1%と思ってもらってかまわないです

この「プロスペクト理論」に関しては投資をやる人は必ず覚えておいたほうがいいですね。

勝てる時に少額、負ける時に普通の額

先程のプロスペクト理論と同じで、

資金管理が出来てないから勝つことが出来ない。

自生できない人が投資で勝つことは出来ないと言われていますが実際にこういった理論に振り回されて

資金管理が甘くなるとどういったことが起きるのか?これをしっかりと見ていくとですね・・・

勝率はそこまで圧倒的に悪くはないんだけども、勝っている時は少額しか賭けて無く、負けている時は普通の金額で負けていて…

じわじわじわじわとお金が減っているパターンが圧倒的に多いです。

例えば最初の資金を20万でやっていて
負ける毎に掛け金を減らしていってしまって

気づいたときには15万
まだいいかート思ってたら10万

掛け金を減らして、ちょっとだけ勝つけども…

ちょっと調子に乗って増やしたときには負けて・・・・でどんどんどんどん資金が・・・・

こういう経験、あなたもバイナリーをやっていたらあるかもしれません。

2点から学ぶことは何なのか??

資金管理は徹底的にしろ!

ということですね。ここをないがしろにしては投資ははっきりいって上手く行きません。

僕が見てきた中でも...
投資で負けている人の8割以上は
この資金管理の徹底が出来てないことになります。

たまに絶対的に勝てないロジックを掴んでやっていたりすでに古くなってしまったロジックにしがみついて負ける人もいますが…

そういう人はまた改善点は別の話です。

そもそもとしてのロジックをちゃんとしたものにすればいいのでそこまで難しくはありません。

何にしても、バイナリーをやる際には

明確なロジックと期待値をしっかりと追っていきましょう。

間違いないロジックを追って、機械的に投資を行う。

人間的な勘などはいれず、淡々と、取引を試していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。